ベビーサインとかマカトンとか

未分類

上の子(姉)を育ててるとき、心からやってて良かったと思ったのが、当時話題になってたベビーサインでした。

伝えたいのに、伝えられない!

そりゃ泣くっちゅうの。

てのを解消するための、ベビーサイン。

私はそんなに本格的に学んだわけじゃなくて、サイトとかで10個ぐらいピックして、使ってみて子どもが使うやつだけ残して、子どもが勝手に作ったものもあり…みたいな感じでやってました。

だから超我流。

とても役立ったベビーサイン

何より役立ったのは「飲む」「食べる」系です。

ベビーカーから顔を出して要求してくれると、泣かれるより超助かる。

言葉が遅くなるんじゃない?なんてことも言われたサインですが、そんなことありません。

姫は2歳になった途端、マシンガントークで女子らしさを発揮しました。

こりゃいいわと思って、迷わず下の子アッキーにも使いました。

アッキーはダウン症だから、もう完全に言葉が遅くなるのわかってましたからね。

障害のある子用に…と聞いたマカトンも調べて取り入れてみたり。

マカトンも同時に

マカトンはベビーサインと言語(方式)が違うので、ちょっとどれを取り入れるか家族で考えもしましたけどね。
療育施設でも「おしまい」はよく使っていたので、それはマカトンの方式に変更しました。

「おしまい」はトイレでも役立ちました。
なんていうか、言葉で何度も確認してると、口調にいら立ちやうんざり感が出るものですが、サインだとそういうのが減るのがいいですね。
公衆トイレなんかで子どもに何回も「おしまい?」って聞かなくていいという。

現役で使えちゃうサインたち

長いおつきあいになると思ってましたよ。
さすがに10年以上付き合うとはですが。

彼は現在、スイミングスクールに通っています。
私はアクリル板越しの2階から見学してるんですが、その時に役立つのがサイン。

野球の監督と選手のように、私が上から指示を飛ばしてます。
主に「先生を見ろ」「ダメ」「オッケー」ぐらいですけど。(ダメ、オッケーはサインてほどでもないな)

ふざけてるときに目が合うと「おしまい」サインもします。
彼からも、サインは返ってきます。

こういう直接話せないときに便利ですね。
サインで言葉は遅れませんよ、きっと。ストレスフリーで楽しく生きられます。

むしろ語彙が増えたんじゃないだろうか。

アッキーは全盛期、自分でサインをしょっちゅう作ってました。
ジブリ映画には全部サインが個別にあったし、おかげで要求されてるDVDをきちんと提供できました。

ラーメンとうどんとそばは、ほぼ同じサインで常に三択でしたけど、食べたいものを要求してくれるのも助かったなぁ。

ちょっと大きくなって、ジェスチャーゲームできるようになったのも、サインのおかげ♪

伝えたいという気持ちをはぐくむのが大切だと思います。

この体験のエビデンスを得るべく、いずれきちんと言語発達を勉強してみたいとも思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました